ふむ、簡単なようですごい事です。

ここ数日は5月だというのに「真夏日」の影響で熱中症で病院に救急搬送される方が沢山いるそうです。

そんな中スタッフさんの一人がマスクをして出社して来たので「季節はずれの風邪なの?」と尋ねると「予防です」と。毎年6月くらいになると喉が痛くなるらしく、その予防で事前に対策をしているそうです。

そのスタッフさん、ここ数年薬の購入記録をつけていて毎年6月くらいになると購入しているのを見て予防しているそうです。

突発的にかかってしまう病気は仕方が無いにしても、人によっては毎年同じ時期にかかる病気もあります。

それに対して放置するか、事前に対策を講じるかは大きな違いです。

まあ、こんな話題をこんなところに書くと「社畜を養成している」みたいな批判がありそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です