“新しい人”に出会って,自分を見直そう

“新しい人”に出会って,自分を見直そう

『ある組織の中でこそ自分は生かされるが,それ以外のところでは,いわゆる「ただの人」にすぎない――。肩書きが通用しない世界に身を置いてみることは,自分の本質を見るために重要です。自分は確固たる状況にいるのではないと感じ取ることが五感への刺激となり,自分を見直すことになるからです。』

本題からはちょっと外れますが、この一文は起業や転職をする時に重要なんですよねー。

さて本題。現在のうちの会社は10人未満の零細企業なんですが、ありがたい事に今の仕事をしていると望まなくても?ある程度は「新しい人」に出会います。それはお付き合いしているお客さんがうちの何百倍もの規模ですし、仕事の関係でその関係他社さんとも出会う事もあるからです。

しかし、それはあくまでも本業に関連する出会いです。今の私にはそちらの出会いは足りていると思われます。不足しているのは「経営者」としての出会いです。

幸か不幸か数ヶ月前に「経営者」の出会いの場を脱会しました。そちらは新しい場を探さなければいけないんですが、それよりも急ぎで自社の経営にすごく近くてとても重要な新しい出会いにチャレンジしようとしています。

そのチャレンジ、まさに「自分は確固たる状況にいるのではないと感じ取ることが五感への刺激となり,自分を見直すことになる」になると予想しています。ボコボコにやっつけられる事で(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です