うーん..

岡山県総数194万4986人 国勢調査速報値 で45年ぶり

『岡山県は18日、2010年国勢調査(10月1日現在)の調査結果(速報値)を発表した。人口総数は194万4986人で、05年の前回調査(確定値)に比べて1万2278人(0・63%)減。1965年の調査以来、45年ぶりのマイナスとなった。調査結果によると、県内27市町村で人口が増えたのは岡山、倉敷市、早島、里庄町の2市2町。合併前の市町村の枠組みで合算した前回調査比で、岡山市は1万3450人(1・93%)増の70万9622人となり、70万人を超えた。倉敷市は6044人(1・29%)増の47万5421人。一方、前回は増加していた総社、赤磐市を含め、残る13市8町2村はすべて減少。県南都市部とそれ以外の地域での二極化傾向が強まっている。』

県南増で県北減、皆さん便利な所に集まった結果なんですかねー。私は田舎暮らしがしたい派なんですが。
ちなみに現在住んでいる川崎市の人口を調べると「142万人」くらいのようで、まだ増えているような感じです。「便利なところ」を日本レベルにすると岡山よりも関東になっちゃうのは分かるんですが..便利だけど通勤ラッシュや家賃の高さ等住んでみないと分からない不便な事が沢山あるんですけどね。

***
ということで午後2まではいつもの職場、その後事務所に来て事務作業と事務所で出来る仕事をやっています。午前中は先日出来なかった進捗会議、午後2までは進捗会議で出た宿題?を片付けていました。事務作業の関係で早めに終わらないといけなかったので、かなりドタバタとやっていましたが。

***
さて本日は事務所にいる短い時間に勧誘電話が2件かかってきました。お約束のようにコピー機リースと投資勧誘という、うちには殆ど関係無いものです。(その他にも通話料が安くなる系も多いですが)

これ系の電話は相変わらずやたらとハイテンションで用件を言わず会社名だけ名乗って「社長はいますか?」ときます。「どういったご用件でしょうか?」と聞いてようやく言い出すんですが、この用件が分かり難くて長い場合が多いです。あまりにも長い場合は「投資の話ですか?」と途中でこちらから切り出すみたいな事もやります。今日の場合は前者がそれでしたねー。

でも以前に比べると最近は「それでも食い下がって長話を始める」っていう人が少ないような気がします。それは電話口でしゃべっている私が「お金持ってませんよー」というのが見抜かれているからなのかもしれませんが..

うーん..」への2件のフィードバック

  1. 「生まれも育ちも生粋の川崎市民」の私に言わせて
    頂ければ、川崎ほどすごい町はないですね。
    何でもあるし、どこにも行けるし。
    川崎市民で困ることと言えば「川崎病」の発生場所と
    勘違いされることくらいでしょうか。
    (「川崎病」とは「川崎さん」が発見した病気で、
    川崎市とは全く無縁です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です