心境の変化?(XP風あり)

私がバリバリの現役の頃?は、新しいOSやツールがリリースされる度にワクワクしながらインターフェースの変更点や新機能の有無や内容を人よりも早く習得しようと寝る時間を惜しんででもやっていました。しかし..

最近のOSやツールには必要と思われる機能はほぼ搭載されていて、「これがあるとスゴク便利になる!」という機能のリリースが少ないように思われます。(いえ、内部的にはかなり変わっているというのは認識はしているんですが..)

そうなってくるとこう考えるようになっちゃうんですよね。

『中身は勝手に変えてくれて良いから見た目と操作方法は変えないでくれ。同じことやるのにいちいち覚えるのがメンドクサイから』

Windows 8.1/8を極限までWindows XPに近付けるソフト

『同ソフトはWindows 8.1/8で無くなったスタートボタンを復活させるソフトウェア。スタートメニューはXP風のほか、7/Vista風、Me/98/95風から選択できる。』

ということで今まではこんなソフトは不要だと思っていたのですが、これを見た時に「ありかも」と思ってしまう訳ですよ。

頑張ればこのソフトと同じ事を自分で実現するのもある程度は可能だとは思うんですが、それさえもメンドウになる訳です。それならば安いから買っちゃえと(笑

そういう年配の方やIT苦手な方多いと思います!(←この考え方が現役では無い証拠だな)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です