自分はオタクじゃないな。

「自分がオタクだと思った瞬間」アンケート

『「自分がオタクだと思った瞬間」のランキング1位は「キャラクターに恋をしたとき」。以下、2位「ハードディスクレコーダーがアニメでいっぱいのとき」、 3位「小説を読んでいて登場人物のセリフに声優の声をあてていることに気づいたとき」、4位「深夜アニメをリアルタイムで見たいから起きて見てるとき」、 5位「アニメキャラのセリフを、つい会話に入れちゃったとき」の順となった。』

このアンケート結果だけを見ると私には該当するものが無いので「オタク」には該当しないと思われます。しかしその2・3歩手前の「好き」は間違いないでしょう(笑

しかしこのアンケート、その道の人達からすると「オタクはアニメだけじゃ無い!」という反感を買いそうな回答ですが..

***
今日は終日いつもの職場でした。午前中はお客さんとの打合せ、午後はその結果を受けての社内打合せ、その後急遽自席の移動があるとの事で荷物片付けをやっていました。

荷物片付けのメイン作業は「捨てる」事です。10年以上前の資料を大事に持っていたんですが、これを機に捨てました。おかげさまで荷物も少なくスッキリしましたし、何よりサイズが小さくなった机の引き出しに全て収納出来た事が嬉しいですねー。

そうそう、片付けの最中に懐かしいもの(写真とか)を発見したりとか結構面白かったですよ。

こういう機会が無いと中々片付けはしないんですが、やはり一番のポイントは「こまめに捨てる事」だと思いますよ。この話をうちの家族全員に聞かせたい..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。