この論調?はどうなんだろう。(Windows)

もはや「手遅れ」か、Windowsの苦しい戦い

「Windowsのスマホは、まず相応の市場シェアを得ないことには、我々の時間や金を節約することにはならない」。

まあ確かに「スマートフォンの世界」だけ見ればこの論調は合っているのかもしれないですが、そうじゃない世界で生きているうちの会社としては「その通り」とは言えない(思えない)のです。

スマホ単体で動作するアプリも少数ありますが、殆どはネット経由でサーバとのやり取りをやっていてそのサーバ内でのアプリケーションを「Android/iOS」で作っているのは稀(無?)でしょう。

それからスマホそのものを端末として使っていない企業内アプリケーションも「Android/iOS」はあり得ないでしょう。

まあ、そうかといって「それ以外はWindows(MS系)か?」と言われるとそうじゃ無い状態はかなり進んできてはいますが。

さて「Windows 10」は今年の夏ごろ発売されるらしいですが、企業向け導入はまだ先だと読んでいますが「XP=>7」のように「Vista」をすっ飛ばしたように今度も「7=>8.1」では無く「7=>10」になるのかどうかはこれから様子見ですかねー。
(ハーーッ、また新しいOS勉強しなきゃ。正直メンドクサイ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です