ふむふむ。(理解不足を見破る)

理解不足は「説明ベタ」で簡単に見破られる

『人に物事を説明するというのは、その物事について完全に理解した状態でないとできません。自分がギリギリ理解しているくらいの状態では、人に教えることはできないのです。言ってみれば、10のことを知って、初めて2や3のことが完璧に教えられるということ。』

この記事は「資格受験」の事に対して書かれていますが、実はこれ「仕事」でも同じ事が言えるのではと思っています。

実際にうちの会社でも「おや?怪しい」と思った時には説明をしてもらっていますし。
恐らくこの「抽象的なレベルで物事を理解する能力」に「それを使った応用力」が加わればお仕事がサクサクと進むんでしょう。
どちらか又は両方無いと..
かなり大変だと思いますよ。ご本人も周りの人も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です