高速道路の渋滞。

先週末は家族関係の用事もあったので川崎と岡山を車で往復してきました。往復約1,300キロで計19時間くらいの間高速道路の中(上?)にいて、途中の休憩時間を除くと18時間くらいは運転をしていた事になります。

流石に疲れました。若い頃だと平気だったんですが、そろそろ無理はいかんなーと思う訳です。

それはさておき、この車を運転していた時間なんですが、距離をスピードで割った単純計算だと14時間ちょいになります。プラス4時間は何?というと、そうです、高速道路にお約束の「渋滞」なんです。特に川崎に戻ってくる時に渋滞30キロにはまってしまいました。

まあこの長距離渋滞に関しては高速道路そのもののキャパオーバなので仕方ないのかなとも思うんですが、何とかならないのかと思うのが、交通マナー欠如が原因と思われる小規模渋滞です。

一般道路にも沢山いますが、高速道路にも「ウィンカーを出せば追い越し車線に割り込んでも良い」と思っている人の多い事。それをやると割り込まれたほうはブレーキを踏むのです。それを見た後続車も同じ事をするのです。それでちょっとした渋滞が出来ます。(下手すりゃ事故になるんです)

で、そういう人に限って追い越しをのんびりやるのです。そうやって渋滞が大きくなるのです。

『追い越しは他車の迷惑にならないように素早く行い、それ以外は走行車線を走りましょう』

ですかねー。まあこの行為は一般ドライバーだけじゃなく職業ドライバーにも結構いるんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です