3Dプリンター(追記)

少し前にこんな日記書きました。

感性が乏しいから欲しくないのか。(3Dプリンター)

その直後くらいにTVニュースでこんなのやっていました。

「さわれる検索」で日本の盲学校に3Dプリンター

『音声入力によって認識したキーワードを、3Dプリンターで立体物として生成できる「『さわれる検索』マシン」を開発、公開した。「キリン」「ゾウ」「くるま」などのキーワードを音声で入力すれば、対応した3Dデータに基づく立体物を15分ほどで出力できる。』

なるほど、そういう使い方もあるのかと感心したんですが、それと同時に「遅さが改善されないと使われなくなるなー」と思ったりもした訳です。

そういえば昔の家庭用プリンターも無茶苦茶印刷が遅かったですが、今は早いですよねー。3Dプリンターもそんな時が来るのでしょうか。(そもそも3D作るのに(厚さを除けば)2Dで作っている事自体発想が違うような気がしますが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です