メンドクサイ季節(クールビズ)

世間様では「クールビズ」の季節ですが、私は相変わらず「フル装備」の状態で毎日を過ごしています。そうすると毎年の事ながら「御社にはクールビズは無いんですか?」とか「暑くないですか?」みたいな事を聞かれます。

「クールビズという制度は会社としてありません。各人の常識に任せています。(キリッ」
「暑いんですけど、首元が寒くて。暖める為に仕事ください。(キリッ」

本音は「そりゃ暑いですよー」なんですが、話下手な私はそれを我慢してでもこんな「お約束の回答」をして話題を広げる努力をしています。

さて少し前に「デキル人達は毎日同じ服装をする。理由は服装を決めるのに労力を使いたくないから。」みたいな記事を読んだような気がします。少なくとも私は「デキル人達」のカテゴリーには入らないんですが「服装を決めるのに労力を使いたくない」というのが強いような気がします。

仕事柄というか役割上、「クールビズなんて不要(失礼?)だ」みたいな考えの方と不意にお会いする事もありますので、それを考えると毎日スーツ姿が一番楽なのです。その一瞬を後悔するよりも暑いのを我慢するほうを選択しているだけです。

数日前「クールビズ専用の服を買いに行こうかなー」なんて考えたりもしましたが、恐らく行かないでしょう(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です