掘っ建て壁。

『掘っ建て小屋(ほったてごや)とは、礎石などを用いず、柱を直接土中に埋め込んで建てる小屋である。転じて、粗末な家に対して使われる表現となった』

ということで掘っ建て小屋には屋根があるんですが、屋根が無い壁だけの「掘っ建て壁」がとある場所に出現しました。用途は「今時の流行」の喫煙所です。

まあ色々言いたい事はあるんですが、もう少し別の良い方法は無いものですかねー。敷地内でも有料にするとか、時間を計測するとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です