分かり易いんだけど..

業界の天気図――快晴なのはどの分野?

『帝国データバンクは8月25日、「2011年度の228分野業界天気図※」を発表した。それによると、景気が悪い「雨(小雨、雷雨含む)」は126分野と、景気が良い「晴れ(快晴、薄日含む)」の46分野を大きく上回っていることが分かった。』

コメントにあるように『業界天気図は各業界の生産や販売、売り上げ、収益動向などから景況感を総合的に判断したもの。最も景気が良い状態を「快晴」とし、以下「晴れ」、「薄日」、「曇り」、「小雨」、「雨」、最も景気が悪い状態を「雷雨」と7段階で表している。』天気マークでそれぞれの業界を7段階評価した結果です。

さてさて気になるうちの業界は..ありました。「曇り」という事はど真ん中の評価、つまり良くも悪くも無いって事ですか。でも昨年度よりかは良くなっているという事のようですねー。

さてポイントには『震災による電力供給の不安や情報端末の多様化により、省エネシステムやセキュリティソフトの需要増加に期待』と書いてあります。うーん、仮想化を省エネシステムと言うんだったら確かに身近に話題にはなっていますねー。でも情報端末の多様化ってのは、スマホとかタブレットとかの事なんでしょうが身近では殆ど聞きませんねー(笑

但し、これを見て思うのはあくまでも業界全体の状態であって、ソフト開発って言ってもうちがやっている業務アプリもあれば組込みやWeb開発もあります。おまけに一次請けの会社はそうかもしれませんが、二次・三次請けになると「おこぼれ」が薄まってきますので相変わらず小雨だったり雨だったりするんでしょう。

ということでこの天気図は自社の受注形態を考慮しながらお客さんの業種の状況を見て「どうなの?」と考えるのが正しいのかと。ということで幾つかやってみましたが、うーん、良く分からない..(泣

結局分かり易いようで良く分からないという結論になりましたが..(参考にはしますけどね)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です