世界的な株安進行。

『9日の東京株式市場では、日経平均が3月17日以来、約5カ月ぶりに9000円を割り込み、下げ幅は一時400円を超えた。』

昼休みくらいの時に下げ幅400円を見たような気がしますが、結果としては153円で引けたので思っていた程下がらなかったという印象です。これは米国債を信用しているからなのか、それとも影響が良く判ってないからなのか、はたまた元々あまり関係ないからなのか、ほんと分かりにくいです。

それよりも円高が進行して少し前に77円になっています。株よりもこちらの方が経済に影響が大きいのではと個人的には思っていますが。

こんな話題が普段から出てくるレベルになりたいですねー。会話が続かないんじゃなくて..

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です