「戦後レジームの脱却」の「レジーム」って何だ??

「regime(レジーム)」は『「1 政治制度[形態], 政体, 統治方式;管理体制」「2 政権;政権持続期間」「3 (社会)制度, 体制』の事か..ちなみに「戦後レジーム」は『「終戦以来続いている政治体制」ということ。レジームは「体制」を意味する英語。1945年の第二次世界大戦の敗戦によって日本はアメリカを中心とする連合国軍総司令部(GHQ)の統治下に置かれ、天皇の人間宣言や日本国憲法発布を始め、さまざまな民主化が行われた。このGHQ体制は、ほぼ見直されることなく今日まで守られ続けてきた。内閣総理大臣・安倍晋三はこれを「戦後レジーム」とよび、そこから脱却し清算を行わなければ、日本は「美しい国」となることができないと主張している。その端緒となるのが憲法改正に結びつく「国民投票法」であり、教育3法の改正、さらには残業代打ち切りなどを含む労働法の改正などである。』だそうです..何だか難しい事を言ってますね..もうちょっと分かり易い表現してくれなきゃみんな分かんないと思いますが..
本日午前中は事務所で来客対応。そんな中滅多にかかってこない事務所への電話が。銀行さんの担当者でした。いつもは携帯にかけてくるのに事務所に電話をかけてくるとは。どこかで見張られてますかね??確かに銀行さんとうちの事務所は「目と鼻の先」にありますが..
午後はいつもの自席で作業。ちょっといない間に色々あったみたいで、状況を把握するのに手間取ってしまいました。報告を受ける側からすると「正確に簡潔に報告をする!」っていうのは難しいものだなと感じました。先日も若い社員に「ほうれんそう」の重要性を語ったんですが、全員に再度徹底する必要がありますかね。少ないとは言え人数が増えると基本の大切さが身にしみます。
うちは「創業後レジームの脱却」をしなきゃいけないですかね..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です