「ハケンの品格」が面白い?

って人から聞いたのでちょっと見てみましたが、あまりにも現実離れしたハケンさんなので「う~ん、どうなの?」って感じですか。娯楽ドラマとして見るならそれはそれで良いんでしょうが、タイトルから「国家の品格」を想像してるとこんな感想になってしまいます..次回は見るかどうか微妙..
さて話題は変わりますがまたまた本の話題。そういえば最近本を良く読んでいると自分でも感心しています。タイトルは「40歳から伸びる人、40歳で止まる人」(川北 義則)です。これ全くと言って良いほど無名な本なんですが、たまたま本屋に行った時にタイトルが気になって購入したものです。(安かったですし..)
予想に反して?私としてはかなり面白く読める内容でした。「『いい人』と呼ばれないようにしたい」「子供っぽさと子供らしさは違う」等40代の私がぼんやりと感じていた事をちゃんと文章で表現していて気付かせてくれるものでした。ターゲットは「40代のサラリーマン」みたいですが、同年代の女性や30代の方も読んで見ると面白いかもしれません。500円もしなかったはずなので、騙されたと思って購入してみては如何でしょうか。
さてさて、本日は昨日頑張って考えた資料のお披露目をしました。ちょっと宿題は出ましたが、何とか無事にお客さんのOKを頂くことが出来ました。良かった、良かった。これとは全く関係ありませんが、本日はこの後緊急飲み会に参加します。どうも想像が付かない参加者の組み合わせなので、その他の方が断ったフシのある飲み会なのでどうなることやら..頑張ります..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です