現役バリバリ(FAXなど)

BBC発「日本はなぜいまだにFAXやカセットテープを使うのか」が国内外で話題に

うちはIT企業ですが、流石に新たな開発で「ここはFAXを使いましょう」なんていう提案はしません。

しかし..

企業として存続(大袈裟ですが..)するために他社さんとやり取りする際の手段として「FAX」は生き残っているのも事実です。

殆どはDMいやDF(ダイレクトファックス?)等ですが、未だに受信は多数ありますし、年に数回は送信も行います。

数回の送信ですがうちの場合だと理由は「相手側がメールが使えない」なのですが、内訳は2つあって「使えない」と「使ってはいけない」なのです。

前者は相手側にメアドが無い環境、病院などがそれにあたります。

後者はメアドはあるんだけど色んな理由で使わせてもらえない環境、金融機関などの情報漏えい対策になります。

これ、両方ともすぐに改善される雰囲気は無いので、まだしばらくFAXの需要はあると思われます..

ちなみに「カセットテープ」ですが、我が家の実家ではこれも現役です。そうカラオケテープとして(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です