たまには回覧。

『回覧が帰らん』

昔の職場では良く見かけたというかやっていた雑誌そのものや新聞記事の切抜きとかの「回覧」ですが、最近は見かけなくなったような気がします。

先週の事ですが、とある会社?から定期的に送付されてくる雑誌を「これは皆に読んで欲しいなー」という事で回覧(をお願い)したのです。記事はこの2つ。

『第4次産業革命の衝撃(インダストリー4.0)』
『企業の内部不正はいかにして起こるのか』

同じ雑誌内にあるどちらも数ページの記事です。それが「あっと言う間」に戻ってきたのです。

「みんな忙しくしてるし、興味が無い話題だから早いんだろうなー」なんて思いながら近くにいたスタッフに「どうだった?」って聞いたら「ゆっくり読みたい」と。方法も回覧ではなく電子化して欲しいと。

つまり「興味が無い訳ではないが、忙しくてゆっくり読めない」らしいです。

「ふむ、電子化するか」とも思ったのですが著作権の問題もあるだろうし。

とりあえず書庫の導入でも考えるか。(いや、場所もお金も無い..)

一番良いのは提供元が電子版の雑誌にしてくれるのなんですけどねー。

さて、どうしたものか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です