これは大変(過去最大の下げ幅)

2015年第1四半期のクライアントPC市場は前年同期比41.5%減、過去最大の下げ幅に―IDC

『調査会社のIDC Japanは2015年5月19日、国内のクライアントPC市場に関する調査結果を発表した。それによると、2015年第1四半期(1月~3月)の国内クライアントPC出荷台数は、ビジネス市場が前年同期比45.6%減の194万台、家庭市場は同33.8%減の126万台。両方を合わせると、同41.5%減の320万台となり、同社が国内で調査を実施して以来、過去最大の下げ幅となった。』

とは言いつつ、ここ数年のスマホやタブレットの普及に伴い「パソコンじゃなきゃ出来ない事」が減っていると思いますので出荷台数が減るのは仕方ないのでしょうが、それでも減り方が驚きの数字です..

「おや?前年同期比?」

そうか、そういう事か。前年同期は特需があったのです。「消費税増税前の駆け込み需要」と「XPサポート切れに伴う需要」の2つが。

出来ればこういう記事書く時には「前々年同期」とか「前年(通期)」の数字も並べておいて欲しいものです。(自分では調べないので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です