そんなもんでしょう(ツイート活用)

こんな残念そうな匂いがプンプンする記事を発見。

岡山県のツイート活用狙い外れる

『政策立案の参考になる投稿は全体の3・6%にとどまり、狙いは外れた格好。』
『県情報政策課は「想定外の結果」としており』

まあ、こうなる事は「想定通りの結果」だと思いますが。

この取組み(税金の無○使い)の詳細はコチラ。

ビッグデータの活用方策を検討~「Twitter情報収集・分析」にトライ!~

この資料書かれているサービスを利用するのにどれくらいの税金が使われたのか。

NTTコムウェア、ファンの関心ごとをつぶやきから分析する

『初期費用が10万5000円、月額料金が10万5000円から』

という訳で最低でも40万円くらいは使われたという事でしょうか。

岡山県がビッグデータ新事業

『県IT戦略推進事業(約1億円)のなかの「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)分析事業」(170万円)から予算を捻出(ねんしゅつ)。』

ほー、予算からすると妥当な数字予想でした(笑

さあ、次は何をやってくれるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です