使わんだろうと言う結論(手品名刺入)

「なんか面白いネタが無いかなー」と思ってうろついていて引っ掛かったのがコレです。

取引先に強烈なインパクトを与えたいなら”名刺で手品”をするべし

私も過去に数え切れないくらい名刺交換という儀式?をやってきましたが、仕事の重要な場面でこんな事をやっている人を見た事がありません。つまり「読み」を間違えると大事なお客さんだと「帰れ」と言われる可能性が高いからです。

じゃあプライベートに近いとかフランクな場でこういう場面があるか?と言われると幾つかありそうです。例えばうちの業界に良くある「技術勉強会」等での名刺交換がそれに近いです。

しかし「名刺交換」は基本「初対面」なので、そういう人にこんな事をすると仮にウケたとしても「面白い人」という印象を与えて自分で自分のハードルを上げてしまう状況になりますので、基本「シャイで無口」な私はそんな無謀な事はやりたくないです。

という訳で私の中ではこの商品は無しという結論に至ってしまいました。いや、皆さんは買っていただいて良いんですよ(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です