やっぱり良いなー(顧客打合せ)

進捗会議や開発関連等の通常?の打合せはそれはそれで面白いんですが、やはり内部の人だけではなくお客さんがメンバーの打合せは違う意味で面白いです。先週そういう打合せが数回実施されました。

【開発要件調整】
ある程度開発要件は提示されている状態で、より具体的な内容を内部で検討した結果を提示する打合せです。こちらで提案した内容が「良いねー」「あると便利だねー」と評価された時に嬉しさと言ったら。

【実績紹介】
次の受注の為に過去の開発実績を紹介するという打合せです。お客さんの内情を理解せずに紹介すると理解してもらえない場合があるんですが、そこはうちの会社の良い所で「ポイント」を見定めて紹介。「ここはどうなの?」なんていう質問が出ると「しめしめ、掛かったな」なんていう心の声を出したりしています。結果的には安心して発注していただく為の業務ノウハウと開発力がアピール出来るのです。

【業務要件整理】
滅多に参加する事は無いんですが、開発案件として扱うかどうかを判定する前にそもそも業務をどうやって進めていくかというお客さん中心の打合せ、それも管理職中心の打合せです。たまたま同席させていただきましたが、そもそもお客さんの課題は何なのか、お客さんの会社での部門間の関係や、部門内での進め方などが話し合われます。
開発要件が出てきた背景って言うんですか、そういうものを理解してから開発するのとそうじゃないのとは成果物に大きな違いが出てくると思います。重要な事ですしこちら側も刺激・勉強になります。

ということで事務所に引き篭もってる場合じゃなく、どんどんそういう打合せに参加しなきゃとは思うんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です