成績表の提出。

成績表と言っても学生さんがもらう通知表とかではなくて「決算書」の事です。

うちは3月決算なのでこの時期になると取引先さんや一部業者さん?から「決算書出さんかい!」と言われるのです。ということで先月末くらいから持参してご説明をやっている次第です。

あまり良くない手法ではありますが、事前にアポを取っていると色々準備をされてしまう可能性が高いのでアポ無し突然訪問の形式を取っております。

しかし敵も然る者、そんなのは慣れっこなんでしょう、突然手渡した決算書をささっと眺めて私がツッコまれたく無い非常に痛いところを突いて来る訳です。まあそういう利点?があるので決算書は形式が統一されているのでしょう。標準化?とは恐れ入ったものです。

そんな中ある業者さんから「いやー、ご自分から決算書持って来られるとは珍しいですねー。お願いしても出してくれないところが多いんですよ」という話を聞きました。「成績表の内容が悪ければ親に見せたくない」という事でしょう。叱られますから(笑

でも「言い訳?」は出来ますし経営者はしなきゃいけないと思います。確かに決算書には数字は書いてありますが、それらの意味や背景は書かれていませんので。

まあ「言い訳」しなくても良い様な成績を作れば済む話なんですが。でもそれがすごく大変という..来年のこの時期に楽が出来るように今年も頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です