設計ミスのような気が(駅)

毎日通勤で使っているJR南武線の武蔵中原駅、もう2年以上前になると思いますが改札内にエスカレータが設置されました。設置そのものには何も問題はないのですが、最近気になっているのが設置している位置です。駅利用のピーク時、つまり朝の通勤ラッシュを考慮していないと思うのです。

図を描いて説明したほうが分かり易いんですが、面倒なので下手な文章で説明しますが伝わるかどうかですが。

この駅は朝は降りる人も非常に多い駅なんですが、その殆どが改札を出て右折します。しかし右折する側にエスカレータが設置されているので昇ってくる人達と改札付近で混雑が発生するのです。で、その混雑がひどくなると下りエスカレータの降り口がいっぱいになって非常に危険な状態になる訳です。

駅側も色んな事情を考慮して設置したのでしょうが、利用者からすると?だと思います。でも誰も文句を言っていないようにも思えるんですが。こんな事考えているのは私だけなんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です