十把一絡げ。

『いろいろな種類のものを、区別なしにひとまとめにして扱うこと。また、一つ一つ取り上げるほどの価値がないものとしてひとまとめに扱うこと。』

ちなみに読みは「じゅっぱ」ではなく「じっぱ」が正しいそうです。

という訳で先日外回りをしたんですが、その時に「ある事案は十把一絡げの扱いだ」という事を知りました。
内心はすごく喜んでいたんですけど、現実はそんなに甘くないということですね。今更ながら社会の厳しさを思い知ったわけです。

でもそれを抜け出す為の具体的な数値目標が分かった事が成果でしょうか。どうするか、また悩みが一つ増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です