じっくり考えてみたい話題ではあるが。

安易なリストラも? 突然浮上した「40歳定年」に賛否

『政府の国家戦略会議(議長・野田佳彦首相)フロンティア分科会が、7月6日にまとめた報告書で「40歳定年制」をぶち上げた。65歳への定年延長も議論される中で、突然浮上した40歳への大幅な短縮だけに、経済界でも賛否が分かれる。雇用の流動化で労働生産性を高め、国家の衰退を防ぐ狙いというが、転職を支援する制度面の整備が進まなければ、安易なリストラの助長に終わる懸念もある。』

実現される可能性は低そうですが、色々考えさせられる話題です。

「一部の出来る人達は再雇用。そうじゃない人達は退職。」=>「そうじゃない人達は再就職。」=>「事前に認識して努力した人達はうまく再就職。そうじゃない人達は転職出来ない。」=>「生活を不安に思う人達が増える。」=>「消費が落ち込む。少子化がもっと進む。」=>「景気が悪くなる(だろう)。」

やはり定年という部分的なものだけでなく、助成金や就労支援、労働基準や解雇等、雇用をトータルに考えないとうまくいかないような気がしますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です