釣りタイトルだな。

ヒルズ族よりノマド族(若者、地方へ)

『大企業や金融機関の本社ビルが立ち並び、起業家が野望を抱く大都会。そんな華やかな舞台に背を向け、あえて地方から事業を興す若者が現れ始めた。一極集中是正、Uターン就職支援……。行政主導では遅々として進まなかった地方活性化。彼らは今なぜ、地方を目指すのだろうか。』

この話、今だけじゃなくかなり前からあった事でそれを記事にしていなかっただけのように思う。ただしネットも含めてビジネス環境の変化があったので比率が少しだけ増えたのかなと。
私自身、関東と地元岡山を頻繁に行き来していますが、温度差はかなりの違いがあるのも事実ですし、どの業種でも実現出来るかというとそんなに簡単じゃないと思いますし。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です