ふむ、面白いとは思うが。

“ホウレンソウ”を禁止して、躍進している会社がある

『社会人の基本ともいわれている「報告、連絡、相談(ホウレンソウ)」を禁止することで、躍進を果たしている会社がある。設備資材製造の未来工業は、ホウレンソウ不要が社内ルール。現場の判断を尊重するのが狙いだが、トップが知らない間に工場や営業所が開設されていたという逸話もあるほどだ。といっても、社員を野放図にしているわけではない。創業以来46年間赤字なし。平均の売上高経常利益率は15%。超優良企業の秘密とは――。』

確かに「話題」としては面白いんですが、じゃあ全くやっていないかと言うと恐らく「最低限」はやっているんでしょうねー。でも「常に考える」「自発性・自主性」は経営者からすると実現出来れば理想ですし、それで利益が継続出来れば嬉しい事だと思います。

まあ、こういう書き方をすると「ホウレンソウ禁止」という所にだけ注目してしまいますが、「最低限」にせよそれを実現する為の仕組み、それに成果評価や給与体系、残業禁止と言っていますが実態はどうなの?等、やはり全体を見ないと何とも言えないなーと言うのが正直なところですか。

でもちょっとだけ興味はあります(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です