まさに師走。

『日本では、旧暦12月を師走(しわす)または極月(ごくげつ、ごくづき)と呼び、現在では師走は、新暦12月の別名としても用いれ、その由来は僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさ(平安後期編『色葉字類抄』)からという平安期からの説がある。また、言語学的な推測として「年果てる」や「し果つ」等から「しわす」に変化したなどという説もある。』

先週あたりから仕事関係で色々ドタバタやっています。まさに「師走」ですねー。

まあ、この忙しさの原因は通常の年末作業に加えて「経営戦略?」の関係であれやこれやとやっているので、自分自身で作り出しているというのが正直なところですが(泣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です