「御座船」東京で活躍へ

「御座船」東京で活躍へ

『瀬戸大橋開通のころから西日本でクルージングなどに使われてきた両備ホールディングス(岡山市北区錦町)の観光船「御座船備州(ござせんびしゅう)」(全長約50メートル、4・9トン)が、4月から東京の観光汽船会社に貸し出されることになり、同市中区新築港の新岡山港で10日、お別れセレモニーが行われた。』

地元の方以外はあまりご存知ないと思いますが、岡山にはこんな船があります。かなり前の事なので良く覚えていないんですが、当時の職場の関係(社員旅行?)でこれに乗った記憶があります。東京にレンタルされるそうなので機会があったら見に行けますかねー。でも値段次第ですが(笑
どうでも良いですけどこの船は「ござぶね」と思ってました..

*** 2011/7/4 記事更新

「御座船」というキーワードでこのページにいらっしゃる方が多いようなので情報提供します。

岡山市東京事務所さんの記事

『御座船「安宅丸」が東京港で海遊絵巻を繰り広げます』

東京都観光汽船さんのサイト
『御座船 安宅丸で東京湾クルージング』

***
ということで今日は10日の給料日なので終日事務所にこもっています。あと1時間くらいで定時が来ますが、事務作業としてはなんとか一通り片付きましたのでこれから内職を(笑

***
ここ最近採用関係の話題が多いので、こんな記事のご紹介を。

転職希望者に求める「即戦力」って一体なに?

『企業が自分に行った投資をいかに回収するかという高い「コスト意識」、失敗を受け入れて乗り越える「自責志向」、変化に対応できる「柔軟な思考力」などが大切になってくると考えています』

過去を振り返るとこれらが不足している人が多かったような気がします。逆に残っている人の多くはこれらが全て揃っているバランス型の人と1つ欠けていてもそれを補えるだけのそれ以外のモノを持っているようです。

『転職希望者というのは会社に対して不満を抱きがちで、行き詰まったときに会社や上司のせいにしてしまう「他責体質」の人が多いそう。また、前職の成功体験にしがみつきがちだったり、社風になじむのに苦労したりと、ある意味“リスキー”な人材であることも少なくないとか。』

そういう人も多いですね(苦笑 特に「後ろ向きな転職理由」については、面談をすると大体分かるようになってきました。

さて、この時期になっても「2011年4月の新卒採用実現」に向けてまだあきらめていません。頑張っていますので宜しくお願いします。

岡山市東京事務所さんの記事

「御座船」東京で活躍へ」への2件のフィードバック

  1. 最初の転職は「会社が給料を支払ってくれなかった」
    これって100%会社の責任ですけど、それでも
    会社の責任とは言ってはいけないワケですか?

  2. それは普通の場合は会社の責任ですねー。
    私の場合は当時平社員でしたけど「給料は貰わなくて良いですから」って会社の建て直しをやった事がありました。犠牲は大きかったですけど得るものも大きかったです。
    まあ、そんなにうまく行くパターンは少ないでしょうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。