回復した暁には。

「あかつき」途絶の通信回復 軌道入り確定は夜に

『宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日午前8時49分、日本初の金星探査機「あかつき」を金星の周りを回る軌道投入に向けて主力エンジンの逆噴射を開始した。』
少し前に「はやぶさ」が話題になりましたので、流石に今回は関係企業さん「うちの技術がー」って宣伝してるようですね。抜け目ない..そんな事より目標の軌道に入って欲しいですねー。

***
本日午前中はいつもの職場でマニュアルのレビュー、午後は事務所で事務作業をやっております。夕方近くなると日も落ちて事務所は寒くなりますので暖房ONです。来月の電気代が気になりますが。

***
えーっと、日曜日にも画像を沢山掲載しましたが、実は今まで携帯電話で撮った写真はメールでPCに送信してその後UPするという非常に手間と金のかかる事をやっていました。しかし、今回は携帯電話の増設外部メモリを直接移動したので過去にUP出来なくて放置していた画像が沢山発掘されました。
ということで日記ネタに困った時にはこれで対応します!

新宿MS5F喫煙ルームえー、これは先月新宿のMSに勉強会に行った時に喫煙所で撮った写真です。綺麗でしたが予想以上に狭かったです。今のご時世当然の流れですが(笑

回復した暁には。」への6件のフィードバック

  1. 現時点での私の予想では、おそらく軌道投入に
    失敗して、金星へそのまま落下した可能性が
    高いと思います。理由として、通信途絶時間が
    金星の影になる時間より長かったということ。
    おそらく、逆噴射が長すぎて失速して金星表面へ
    落下し、金星が自転して地球の方向に向いたので
    通信が回復した、と考えられます。残念ですが。。。

  2. 「落下」はしなかったものの、緊急事態のようです。
    機体をスピンさせることで、太陽電池がいずれかの
    姿勢で受光・発電し、その電力で低利得・広範囲
    アンテナが作動している模様です。
    最悪の事態は免れたものの、さてこの後どうやって
    立て直すかが問題です。

  3. 軌道の投入には、残念ながら失敗のようです。
    が、太陽を回る周回軌道にはまだ乗っているので、
    また金星へ接近する6年後に再挑戦するそうです。
    が、6年間も金星と同じ距離を周回していて、
    衛星は持つんでしょうかね?
    (「太陽風」などの影響が相当あるかも)

  4. 残念でしたねー。それにしても6年後に再チャレンジとは遠いというかスゴイというか。宇宙の広さを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。