過ごし易い季節になりました。

今日も午前中は事務所にいたんですが、エアコンを使うことなく窓を少し開けて換気をするだけで、快適に過ごせる状態でした。前の道路を走る車が少しうるさいのが気になりますけどね。今月の電気代は安く済みそうです。環境にも優しいですしね。
今日も午後は打合せがありました。でも、いつもと違ったのが、想定していた時間よりも早く終わった事ですかね。打合せは短めのほうが嬉しいですね。ただ長いだけ..っていうのが多いですからね。
さて最近少し感じている事があります。それは「100年に一度の不況」と色んなところで騒いでいますが、本当にそうなんでしょうかという事です。確かに最近の企業の業績は悪いと思います。またそれによって大量解雇、派遣切り、内定取消も沢山あります。が、しかし、周りを見渡しても「すごい危機感」を持っている人が少ないように思えます。どちらかというと「他人事」みたいな感じが多いんじゃないんでしょうか。それは、身近にそういう人がいないからかもしれません。でも、例えばこの前「職安」に行きましたが、そこに来ている人達の多くには、少なくとも「危機感」や「緊張感」みたいなものは殆ど感じられませんでした。
恐らく皆さんは「不況」という認識はあるんでしょうが、その影響が自分自身の生活を根底から覆す程のインパクトを持っている訳ではなく、何かを我慢すれば何とか乗り切れると思っているからなのでしょう。日本は平和で安心して生きられる国なんですかね。
そんな状況の中、「100年に一度の不況」なんてすごく大袈裟?な表現を使っている人や企業や国は、もしかしたら「これから何か良からぬ事をやる」為か、「今までやってきた良からぬ事をもみ消す」為の理由付けだけで使っているのかもしれませんね。
あ~、予想通り、無茶な事を書くと纏まらなくなっていますね。や~めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です