「住みたい街ランキング」の1位はなんと..

株式会社CHINTAIが調査した結果らしいですが、並み居る人気スポットを抑えてなんと「武蔵小杉」だそうです。でも紹介記事読みましたが「通勤には便利だけど目立ったものが何も無いところ」が人気の理由だそうです。なんだかな~..
先日は無事川崎まで到着して今日はなんとか出社して働いています。
さてこの前の日曜日は長男の学校の「文化祭」見学をしてきました。当日は小雨の降る中、学校に到着すると生徒が駐車場の誘導係をやっていて「大変だな~」と思っていたら、その子達はちゃんと「挨拶」までしてきたので「おっ、この学校はなかなかやるな!」と感心してしまいました。
学校に入ると一般の人(多分父兄なんでしょうけど..)と生徒が沢山。特に軽食・喫茶をやっている店の周りは多かったです。そんな中、長男のクラスを探そうと校内をうろついていると、自分達の出し物を宣伝する数名の少年を発見。最初はそれなりの音量で宣伝していたのですが、私がすれ違う時くらいから「怒鳴り声」に近いくらいの音量になり、あまりにしつこくやり続けているので「うるさい」と叱ろうと思ったのですが、そこは父兄ではなく先生の役目だろうと我慢しました。しかし、その近辺にいた先生が注意をする事も無く終わっていました。何なんだ、このギャップは??
その後ようやく長男のクラスを発見して、親の訪問に照れている長男と軽く会話をしていると何とあのバカ少年達がいるではありませんか。「もしかして同じクラスなのか?」と長男に聞くと「そうだよ」だそうです。「良かった、あの時我慢して..」後で確認しましたが、そこの学校の先生の多くは生徒を「叱らない」そうです。言い方を変えると「生徒になめられている」ですかね。
確か「熱中先生?」とかくらいからですかね。先生と生徒の関係がフレンドリーになってきたのは。当時は私もまだ学生だったので「優しい友達みたいな先生」は羨ましく思っていましたが、子供の親になった今はとてもそうは思えません。勉強だけ教えれば良いとか生徒や父兄の顔色ばかりうかがっているとかじゃなく、もう少しは社会の普通の事教えましょうよ。「公共の場で騒いではいけません」とかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です