風邪薬のせいで頭がボーっとしています。

先日から体調が良くないと思ったので風邪薬を飲んでいます。昼間は眠くなると良くないので半分(一錠)だけ飲みましたが、それでも効き目は十分です。何とか明日までは頑張らねば..
さてさて本日はたまにしか出てこない読書の話題です。でも先日もちらっと出てきましたが..もう既に読まれた方もいると思いますが、題名は「国家の品格」です。いつもと傾向が違う本です。
この本、自分で買ったわけでなく長男に薦められたので仕方なく読みました。その長男は中学校の卒業式の日に先生から薦められた(貰った?)そうです。どうもそういう経緯があったので(先生が嫌いだからです!)読むのを敬遠していたのですが、長男の手前無理やり読んだことになります。
読み始めのきっかけは置いておいて、最初は取っ付き難い内容だと思ったのですが、読み進めていくうちに「結構面白い」と思いました。学者さんになるような人の物の見方や考え方はやっぱり違いますね。特に自分の苦手な数学をやっている人は..
以前勤めていた会社で自社の事を「品の○○社」と周りの人に言っていた事があります。それは品の無い会社あってそれに対抗する為に。今の自分自身や会社に十分な「品」があるとも思っていませんが、それでも「品」のある人間・会社になりたいと思っています。
そう思えるくらいに「品」の無い人や会社が目に付くので..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です