「髪切ったんですね」と最初に言われたのは..

先週末の岡山出張中に散髪に行きました。それを最初に気付いて言ってくれたのはなんとお客さんでした。家族・社員とも顔を合わせて会話もしているのに何も言ってくれない..
この話、「散髪をした」という事そのものは私はもう若くはないのであまり興味はないのですが、そうやって「相手を観察する」とか「気が付いた事を相手に伝える」という事が重要かなと思っています。そうじゃなくてもSEは話ベタな人が多くて仕事以外の会話が少なく、会話のネタに困っているので。「おはよう」とか「お疲れさま」とかの挨拶と同じように、こんな少し気の利いた挨拶が出来るようになれたら良いなと思います。
ここ最近「コーチング」という考え方が密かに?流行っていますが、その中で「ありがとうカード」というのがあるそうです。相手に「ありがとう」の気持ちをカードで「あえて」表現すると、もらった人はうれしくなってやる気もアップするそうです。
「気持ちを表に表現する」というちょっとした事、でも人によっては難しい事なのかもしれませんが、それで職場や家庭の雰囲気が良くなるのならやってみる価値があると思いませんか。
って勧めている私もうまく実施出来ていませんが..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。