三日坊主の二日目?

タイトルとは全く関係ありませんが本日はニュービジネス・ネタです。
「散髪屋用要求仕様書」
引越などで住む場所が変わってしばらくすると困るのが「散髪屋」探し。私は見た目よりも値段重視なので、あまりにもひどい髪型にされなければ何処でも良いのですが、何が困るって「どんな髪型にしますか?」って聞かれた時。
どう答えて良いか分からないので「適当に短くしてください」って言うんですけど、散髪の間隔が1~2ヶ月と安定していないので2ヶ月空いた時は思ったほど短くなっていない。小心者なので「これで良いですか?」と聞かれると「はい」と答えてしまう。
そんな時、近所の散髪屋で「髪型要求仕様書」を発見。利用毎にスタンプを押す紙ありますよね、あれに人の頭の絵が描いてあってそれに理容師が散髪に必要な情報が書いてあるんです。便利です。
紙そのものは誰か特許でもとってそうな感じがしますが、これにITを付加すると結構使えそうな気がします。自宅では3Dで髪型シミュレーション、その情報を携帯にでも入れて散髪屋に伝達。思い通りの髪型に!
誰かこれ一緒にやりませんか?
(あっ、坊主と散髪屋で繋がっている!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。