Win8 CP インスコ。

Windows 8で登場した5つの新機能、使ってみました

『2月29日に公開されたWindows 8コンシューマープレビュー版、新鮮な機能や使い方にあふれています。その中でも特に僕らが気に入った5つの要素を詳しくご紹介します。』

ということで「昔はバリバリの技術屋」だった私ですが、ここ数日あまりにも騒がしいので「どれどれ、試してみるか」という事で事務所で遊んでいるPCにインストールしてみました。

でも「遊んでいるPC」というだけあって、インストールの時点で「メモリーが足りません」のお叱りメッセージが。512MBしか無かったので、もう1台の遊んでいるPCから拝借して1024MBに。お叱りメッセージは消えました。

数GBのインストールデータをダウンロードするのに約1時間、その後インストールに約1時間も掛かってしまいました。メモリだけじゃなくてHDDもCPUも3世代くらい昔のものですから仕方ないですねー。ちなみに2006年製です。

その後何事もなくインストール終了。早速操作感を試すことに。事前に↑のような記事を読み込んでいた訳ではないので、そこは適当にやってみました。色々試していくうちに見慣れた「デスクトップ」の画面が出てきてホッと安心したりもしましたが(笑

で、結局10分くらいで操作終了。たぶん試した操作以外にも色々機能はあるんでしょうが、実際にアプリを作ってみるとかOFFICE等のツールを使ってみる、もっと言えばネットワークやプリンターを増設してみるみたいな「より現実の業務に近い状況」を想定して使用しないと、いまいち「ピンとこない」というのが本音ですかねー。

ちなみに操作中にタスクマネージャのCPU使用率を見ていましたが、ずーっと100%で天井に張付いていたのでタスクの切替なども「モッサリ」していました。

恐らく真面目に試すのならそれなりのスペックのPCを用意するか、もしくはウリになっているタブレット型PCを用意するのが良いかもしれません。

仕事ですから何時かは何処かでやるんでしょうが、いまだにXPを使用しているお客さんもいますので実業務で使い始めるのは来年ではなく数年後なんじゃないのかと思うとやる気が無くなってしまう訳で..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です