ふむふむ、なるほど。

最近「会社」という「組織」について色々考えているのでこのコラムのご紹介です。

上司は部下の仕事にどこまで干渉するべきか?

『会社で仕事をするならば当然、上司の承諾を含めて、組織として合意するという手続きを踏まえる必要がある。そのことに関する理解と、承諾や合意を得るための力を身に付けないと、何事もうまくいかない』

私もサラリーマンを長くやっていたのでこれは理解出来ます。いくら技術力があっても会社の中で認められないとか、もっと言うと「もめた」という人を沢山見てきました。

そういう人は転職しても同じ事を繰り返しているような気がします。かと言って独立しても1人でやっていく分にはまだ勝算はあると思いますが、人を雇うようになると同様の状態になる可能性は高いですね。

さてこのコラムでは『上司が部下に干渉しまくりの方が間違いなく部下の力は伸びる』と言いきっていますが、それはある程度優秀な上司がいる会社での事だと思います。そうじゃない上司がいるのは事実で、言い換えるとその人が「その人の実力に見合った会社にいない」というのが問題だと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。