姫の虎退治..ホントにやっつけた..

何だか地元の選挙が全国で注目されていたみたいですが、結果はかなりの衝撃を与えたみたいですね。理由はどうであれ少しだけ地元民?を見直しました。そういえば近所の県の私の同姓さんも負けましたね..ちょっと複雑な気分です..まっ、テレ朝のお天気オネーさんが長く見られただけでも良しとするか!
さてこの週末、日記のツッコミの影響?もあり朝5時起き(自然起床!)で上野の東京国立博物館に行って来ました。近所(というか隣?)にある東京国立科学博物館は家族と行ったので、まだ行った事の無いこちらを選択。
開館してからほぼ直後くらいに到着したので人も少なくゆっくりと見学開始。まずは何があるの?って見たら何と展示会場(展示館)が沢山ある。「法隆寺宝物館」「表慶館」「本館」「平成館」「東洋館」の順番で回りました。残念だったのは「平成館」で開催される「京都五山 禅の文化展」は7/31からなので見られなかった事ですかね。まあそれにしても広いは展示物が沢山あるはで、日頃運動不足の私にはかなりきつかったです。あまりに色んなものがあり過ぎて展示物に対する感想は「武田信玄が上杉謙信に贈った刀!」なんていうのを覚えているくらいですが..こういうところに行くのなら最低限の予備知識が無いとダメだなと思ったりもします..そんな私の傍で真剣にメモを取る高校生を見た時には恥ずかしくなりましたが..全体的には「絵」が少ないのが私向きでは無いように感じました..
その後歩き疲れた体で上野駅付近の「アメ横」見学。普段テレビで見かけている光景を見ることが出来ましたが、それよりも気になったのがガード下の店。秋葉の何とかデパートと同じくらいゴチャゴチャ・グネグネと大きな店から小さな店までがひしめきあってました。店の人も客を見る目があるのか私が通り過ぎても知らん顔。「これが欲しい!」っていう目的があれば面白そうなところなんですけどね。
上野まで行きは川崎経由だったんですが、帰りは日比谷線で小杉まで帰りました。思っていたより近く感じました。日比谷線の途中駅には「六本木」「広尾」「銀座」「築地」..次は築地か??

東京国立博物館・本館

上野の西郷さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です